お知らせ, テーマ, 表情, 小池, 未分類, 海情報, 串本

表情⑥

目立ちたがり屋!?な生き物についてです!!

今週は南紀シーマンズクラブの小池が担当させていただきます。
早いもので今年も残りわずかですね。今回の更新が僕としては今年最後の投稿となります。

今年一年間、当サイトをご覧いただき、応援していただいた皆様ありがとうございました!!
来年も引き続き応援をよろしくお願い致します。

さて、今回は、写真を撮ると必ずと言っていいほどカメラ目線になる生き物をご紹介したいと思います。先週の岡田くんの投稿に登場したウミウシに次いでこの時期増えてくるのは・・・

甲殻類です。

今まで皆さんが撮ってきた写真を見てみてください。
ほぼ100%カメラ目線になっているはずです!!

例えば、このカニ。どうですか??カメラ目線になっていませんか??

マルガザミ(インスタ用)

エビカニの目にピントが合うと、目の中に小さな黒点がある事に気づきます。
この黒点はどの角度から撮っても必ずと言っていいほどこっちを向いているんです。

そんなにカメラが好きなのかな??
海の目立ちたがり屋ですね〜〜。

種類によってはちょっとイヤラシイ目線をしているように見える物もあります笑
(気になる方はスタッフの人に聞いてみてくださいね〜〜絶対に皆ああ〜〜ってなるはず笑)

エビも同じようにカメラ目線が得意。
例えば、ヒトデに隠れているヒトデヤドリエビもその1つです。

ヒトデヤドリエビ2

エビのサイズが小さいので、分かりにくいかもしれませんが・・・・
ちょっと拡大して目を観察してみて下さい。しっかりとカメラ目線になっているはず〜〜。

では、これはどうでしょうか??

アカスジカクレエビ

上の方から撮っているのに、ちゃんとカメラを意識している・・・驚
抜かりの無い完璧なモデルです笑

この黒点は何?!?!って思われた方もいらっしゃると思います。
この黒点は人間の黒目とは違います。

エビの目の構造は小さな個眼が集まってできています。
つまり、複数の目が集まっているという複眼という構造なんです。

そして、目の中の黒点はもともと黒い訳ではなく、光が反射しない個眼がそう見えるという理屈です。ちなみにこの黒点は偽瞳孔と言います。

ここまでカメラ目線のお話をしておいてこんな種明かしですみません・・・汗
つまりどの角度からもカメラ目線っていうのは目の構造によって起こる現象だったんです。

ちなみに陸上の生き物ではカマキリがエビと同じような目の構造をしています。
同じように黒い点がずっとこちらを追いかけているように見えますよ〜〜。

ただ・・・・分かりにくい物もあります。
ヤドカリがそのいい例かな??

ヤドカリ引越し( インスタ用)

このヤドカリは引っ越し中なのですが、なんとな〜〜くこっちを見ているかな??
って感じですね。

黒点の見え方によっても表情が変わって見える甲殻類。
皆さんもじっくりと観察してみて下さいね〜〜。

以上、南紀シーマンズクラブの小池でした〜〜。
皆様良いお年を〜〜!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中