テーマ, 宇宙, 対間, 海情報, 串本

宇宙⑤

地球は青かった!


透明度:10~15m 水温:21℃ オススメ:もちろんドライスーツ

 

どうも!大ちゃんこと、マリンステージの大将(だいすけ)です。
1年って本当に早いな~と、毎年この季節に思ふ♪

さて、テーマも変わって早1ヶ月です。
各々が考える「宇宙」を感じてもらえてると嬉しいです♪
残りの1ヶ月もお付き合いくださいね~

そんな今回の宇宙は・・・「地球は青かった!」
ガガーリンの名セリフですよね。

宇宙から見た地球って映像でしか見ませんが、
こんな光景なんだろうなぁ~と感じさせてくれる場所が串本にも♪

 

sukanohama

 

ダイバーになってからは、99.9%をスキューバで過ごしてました。
でもここに連れて行ってもらったのは、スキンダイビング。
もって2~3分しか留まることの出来ない空間で出会う神秘的な光景。
(いや、そんなに息持たないです。盛りました。笑)

また新たな興奮を覚えてしまった!

あぁ、地球って青かったんやなぁ。そう思う瞬間♪
なぜかもっと俯瞰で見ているような感覚になります。
自分が宇宙にでも居るかのような、そんな気分。

連れて行ってくれた方は、Fotozestの参木さん
スキューバでは見られない魅力をたくさん知っている方♪

 

gingame

 

そこで出会ったのは、ギンガメアジの子供の群れ
ボートポイントではそんなの見た事ないのにね!

真っ白い砂地に無数の群れをなしていました!
毎年居るとも限らない、そんな光景に出会うことが出来ました。

ところで、ギンガメアジってどこで区切ってます?

 

gingame2

 

由来は、銀紙鯵なんだそう。
でもダイバーにとっては、銀河目鯵のニュアンスが一般的。

そう、実は宇宙と関連していたんですよ~
銀河のように煌めきながら泳ぐ目の大きなアジ。
そんなとこですね!!

今はもうこの群れも見られないそうですが、
個人的にはまた来年見に行ってみよう!と、思ってます♪

串本の新たな魅力に出会えた良い機会となったのでした!
僕たちでは調査不足でご案内するには程遠いので、
気になる方はぜひ参木さんに連れて行って貰ってね♪

 

kutimurasakiumiusagi2

 

今回はさらにもう一つ!

先日、鮎美ちゃんが投稿してくれていた、ウミウサギ。
ガイドブックでウミウサギのみの図鑑が出るほどの生物!
僕はこの手のキレイな貝が結構好きな部類です♪

写真はそのウミウサギの外套膜を接写したもの。
ん???真っ黒じゃない?白い点は?

宇宙に散らばる星のような写真からは想像もつかない色。

 

kutimurasakiumiusagi

 

2~3年前にも1個体、観察することが出来た、
ちょっと珍しいウミウサギ。

その名も、クチムラサキウミウサギ!

また今年、観察出来ているんです!
あのクールな黒いボディとは正反対の存在感!
今はハゼやエビこそ付いていないけど、もしかしたら。。。

ちなみに黒いウミウサギは今現在1個しかありません。
1月の下旬~2月にかけて幼体が観察できるので、
また増えて来てくれるのを期待です!!

 

takakuratatu

 

ラストはおまけ。

タカクラタツ
このシチュエーション去年の全く同じ時期に出会ってました!
不思議なものですよね・・・。
こんなに広い海なのに、変わらない出会いもある♪

 

如何でしたか?今週の「宇宙」
まぁ今週は~こんなもんにしときます!(笑)

毎日のように潜っていても知らないことや場所がたくさん!
それを皆さんと一緒に見られる奇跡的な瞬間に興奮します!
この冬はどんなシーンに出会えるのか楽しみですよ!

来週は、岡ちんが紹介する宇宙!
今度は何を連れてくるのか!?!?

それじゃ~、また!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中