未分類

わ③

色んな「わ」

最近の透明度:10~15m 水温:17℃ 気温:12℃
オススメ:ドライスーツ(インナー厚め)

どーも!みなさん、こんばんは!
マリンステージの大ちゃんこと、対間大将です!

なかなか落ち着かない、新型コロナウィルスによる影響。
串本・古座もかなりお客さんが減っています。
ワクチンの話題も多くなってきたので、
少しずつ光が見えてきたのかな?とは思いますが。

そんな状況ではありますが、
「わ」のテーマに乗せて更新していきたいと思います!
僕は色んな「わ」を使ってみましたよ!
ではでは、行ってみよう~!

最初の「わ」 わさわさ。

最近の水温を見て頂くと、前回の更新から3℃も低下。
17℃になると目につくウミウシの数もかなり増えてきました。

ウミウシが増えるということはエサも増えている証拠。
カラフルな海綿はもちろんのこと、
かなり小さいサイズのウミヒドラやコケムシ、
そんな生えものも溢れてくる季節になってきました。

わさわさと立ち並ぶ真っ白なワイングラスみたいです♬

お次は、「稚」これも「わ」と読めるそうです。
ということで、ygを良く使う幼魚です。

イロブダイの幼魚。
黒潮の大蛇行が緩み始めた頃からか、
ちらほらと見るようになってきましたね!
亜熱帯種がまた増えてきそうな気配がプンプン!

この紅白を見ていると、日本の国旗も思い浮かぶので、
「和」も当てはまりそうですね!
日本という意味の一文字で言えば、「倭」
遠い昔に使われた言葉ですが、
中国から見た日本を指していたり、
小さい・・・という意味が含まれていたり。

そんな「倭」の意味合いから、
ジャパニーズ・ピグミー・シーホース
TGの画像で少し粗いですが、ご容赦ください。

以前まではこの名で知られていた生物で、
名前に「日本の」や「小さい」を意味する言葉が!
略して「ジャパピグ」と呼ばれて親しまれてきましたが、
近年正式に和名が付き「ハチジョウタツ」となりました。

その名の通り、由来は八丈島です。
図鑑などで皆さんもお世話になっている
レグルスダイビングの加藤昌一さんが初めて見つけたので、
ハチジョウタツとなったようです。
しかしながら、発見から20年近く親しまれてきた、
通称ジャパピグがあまりに有名だったからか、
学名として「Hippocampus Japapigu」と、なっています!

串本でも探せば結構見つかる生物です!

そしてそして、なんと!!
僕の師匠が、めっちゃレアな生物を発見!
串本ではこれで3例目となる
通称「ピグミー・シー・ドラゴン」

糸のような生物で撮影も目視も大変!
そんなの見つけちゃうから、すごい!
連日の海況不良で今は確認できませんが、
過去最大サイズでの登場となりました。

せっかくなので、テーマに乗せて

「わ!!」って顔を頂いてきました♪
ウミウシ探しの調査で潜ってたんですが、
こんなの見せられたら撮っちゃいます(笑)

単純に「輪」

あと2個たりませんでしたが。
今年は延期になったオリンピックも開催予定ですね!

たくさんの選手のためにも、
中止にはなって欲しくはないなぁ。って思います!

最後は、
目の前で見れば、「わぁ~」っと声が出る
串本の星空と橋杭岩。

いっぱい映ってて分かりにくいですが
北斗七星も映ってるので探してみてね♪

冬は空気も乾燥して、スカッと見れます。
朝は古座で海霧が見れる日も。
これはまた早起きして撮りに行ってみます!

緊急事態宣言もまた延期になりましたが、
いつでも皆さんをお迎えする準備をしてお待ちしております!

今週はこの辺で!そんじゃ~また!
来週はDIVE KOOZAから岡田くん、お願いします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中